志学まちづくり協議会
 
 行政と住民の協働のまちづくりと、住民の主体的な活動を推進するため、「小さな役場のような組織」を目指し組織化、平成21年に大田市で初となる住民主体組織「志学まちづくり協議会」を立ち上げました。
 以前の組織体系では、特定の人が複数の団体の役員を兼ねるなど、個人の負担が多くなっていました。人口減少の中、効率的な住民活動を行う必要があったため、縦割り組織を改める必要がありました。
 協議会では、総務部、地域振興部、福祉部、文化部の4つの部を創設し、従来の体協や地区社協などの活動は各部の活動に組み込まれ、それぞれに役員や担当者を定め、部内で処理を決定することで、個人負担の軽減や効率化を図っています。
 ※志学自主防災会は、協議会の構成組織の一つです。
 
志学まちづくり協議会
総務部
地域振興部
福祉部
文化部 体育
教育
文化
志学自主防災会

 
前のページに戻る トップページに戻る
志学ホームタウンプロジェクト
Copyright(c) 2012-2015 Shigaku HomeTown Project All rights reserved.